老化防止サプリのランキングでおすすめは

糖化を防ぐ食事の順番で老化防止

 

 

まず、言っておきたいことは食べる順番というのは非常に大事だということです。糖質を取り過ぎないようにするということが一番なのですが、極端に糖質を抜くダイエットというのはオススメできません。

 

そもそも日本人というのは白米を中心に食事をするのでこのバランスを崩すことは一時的は出来るかもしれませんが継続することは難しいはずです。また、それをすることで動脈硬化が促進される危険もあります。ですので適度に糖質を取りつつ血糖値の上昇を抑えるという工夫をするということが大事になります。

 

では、どうすればいいのかというと食物繊維を先に摂るという方法があります。野菜、芋類、豆類、海藻、キノコ類、穀物、果物類に含まれている食物繊維ですが、これは糖質の吸収をゆっくりにするという働きがありますので血糖値の急な上昇を防ぐことができます。ですのでサラダなどを先に食べてから白米などを食べるようにしましょう。

 

また、もっと言えば食物繊維を最初に食べて、次にタンパク質、そして最後に炭水化物という食べ順にすれば血糖値の急上昇はより防ぐことが出来ます。会席料理などの食べ順に似ていると感じた方もいるのではないでしょうか。

 

また、血糖値が急上昇することで糖尿病などのリスクが上がったりしますので老化だけではなく健康のためにも食べ順は非常に大事になります。食べる順番を変えるということでしたら家でも出来ると思いますので実践してみてはいかがでしょうか。

 

老化と加齢は違う

 

人というのは成長していきますが、加齢によって細胞、組織の機能低下、最終的に死に至ります。この流れで加齢と老化について同じ意味に捉える方が多いですし、もちろん混同はしやすいですが、意味としては全く違います。

 

まず、加齢に関してですが意味としては生まれてから死ぬまでの時間経過、暦年齢を指します。毎年誕生日がくれば必ず人は年を取りますが、これが齢を加えるという意味で加齢になります。もちろん年下の人に年齢を抜かれることもなければ年上の人を抜くということもありません。

 

つまり、アンチエイジングなどで抗加齢と表現されていたらそれは間違いになります。抗加齢を実現できるとすれば過去に行くということしか不可能になります。もし抗加齢とアンチエイジングを同意語としているのであればそれは間違っているといえます。

 

次に老化ですが、これは加齢にともなって起こる生理機能の低下となります。この機能低下に関しては個人差があり、遺伝的であったり環境や生活習慣によって違いが出てきます。つまり同じ年齢であっても、老けて見える方と若く見える方がいるのは機能低下の速度の違いだという事を覚えておきましょう。

 

そしてアンチエイジングの意味としては抗老化とすれば意味としては正解になります。このように加齢と老化は違います。加齢によって老化が起こるという表現は間違いではありませんが同意語として使うのは避けるようにしましょう。また、老化にかんしては20代から30代以降に起こることであり、10代までは成長と捉えますので同時に覚えておきましょう。

 

老化防止サプリランキング!口コミ人気はどれ?

 

お酒は健康にどう作用するのか

 

お酒というのは色々な意見がありますが、結局は健康においてどういう風に影響するのでしょうか。実は老化と関係しており、お酒を摂取することで活性酸素を中和する体内酵素を減らしてしまいます。そうなることで活性酸素は増加し、老化を促進させてしまうということになります。

 

お酒を飲むことで体内酵素が減るという表現をしましたが、実際にはお酒を分解するために使われるため、活性酸素を中和する分の酵素がなくなってしまうということになります。お酒が飲めるようになったと思っている方がいるかも知れませんが、それは体内酵素がお酒の分解に集中的に働いているということですので強くなったのではなく、ただ老化を促進させることをしているだけになります。

 

また女性は特にお酒のリスクが高くなります。理由は女性ホルモンが影響していますが、女性ホルモンの一つであるエストロゲンがによってアルコール代謝が男性より遅くなります。これによてアルコール中毒になりやすいので危険度は男性より高いということを覚えておきましょう。

 

とにかく、老化を進める一つとしてアルコール摂取があります。常にアルコールを飲んでいるという方はどうしても体内酵素の働きがそちらにいってしまっているので、気をつけましょう。対策としては急にやめるということは無理だと思いますので休肝日をしっかりとつくることが大事になります。それだけで大きくかわってくるはずですので実践してみてください。

 

 

 

 

更新履歴