海外に引越しをする場合の注意点

仕事などの影響で海外に引越しをするケースもなかにはあります。海外に引越しをするときにも、いろいろな手続きをしなければいけません。そのなかでも荷物を運ぶときには、気を付けてもらいたい点がたくさんあります。

 

まずは、海外に荷物を運ぶときには、飛行機を使って運ぶ場合と船を使って運ぶ場合があるということです。この2つは、料金も異なりますので注意しましょう。

 

日本のなかで引越しをするときには、自分で荷物を整理して荷造りをすることになります。しかし、海外に荷物を運ぶという場合、荷物を長距離運ぶことになるので、壊れたり、傷がつかないようにするために、自分で荷造りをせずに専門の業者に荷造りをしてもらうようにしましょう。これにより、破損や傷をつけるリスクを減らすことが可能です。

 

また、海外に荷物を運ぶときには、日本では使えるものでも引越し先では使えないものもあるということも覚えておきましょう。荷造りをする前にそのことも調べておきましょう。

 

輸入してはいけないものはその国によって違うので事前に調べておきましょう。輸出してはいけないものの例は、麻薬・文化財のほか、動物や植物などの場合は検疫をしなければいけないこと、パソコンについては承認書がなければいけない場合もあるようです。

 

引越しをするときに必要な料金については、引越し業者ごとで変わります。海外に引越しをするときには、国内に引越しをするときと同じようにいくつかの引越し業者に見積もりをしてもらって、自分が満足するような引越し業者を選ぶようにするといいでしょう。

 

また、荷物についての保険や各種手続きなどをサポートしてくれるかも確認しておくと、引越しをスムーズに進めることができるでしょう。